Entry

Entry エントリー

総合職、研究職をご希望される方

リクナビ2020

商品企画職、デジタルマーケティング・
広報宣伝職
をご希望される方

顔採用はじめます。

2019年3月11日受付終了

顔採用のエントリーは終了いたしました。

Entry エントリー

リクナビ2020

エントリー受付を締め切りました。

顔採用プロジェクト。伊勢半グループの
採用への思い、ぜひご覧ください。

顔採用はじめます。

2019年3月11日受付終了

粉物商品やネイル商品の
処方開発を担当

ファンデーションやチーク、アイシャドウなどの粉物商品やネイル商品、アイライナーなどのペンシル商品の処方開発を行っています。開発部門からの依頼を基に商品の性能と安定性・安全性のバランスを考えながら処方を組み、試作します。そして、実際に試作したものが設計通りになっているのかを官能評価や機器評価でテストします。また、商品を製造する際のスケールアップテストも行っています。

研究に対する考え方は、今の仕事と共通しています

大学では酵素の機能解析や構造解析の研究を行っていました。その研究内容自体は、化粧品の処方開発に直接は応用できていませんが、実験を行う基本的な考え方は共通する部分があります。
仮説を立てて、それを検証するための実験計画を立て、比較的単純な操作を集中力を切らさずに行うということに慣れていたのは、今の仕事にとても役に立っています。

入社後配属された営業での経験は、大きな糧になった

入社して最初に配属された営業の部署では、プライベートブランドの営業を担当していました。自分がこれから作る商品がどうやって売られていくのかを知ることができたことと、実際に売るにあたってどういう数字を営業の方が必要としているかがわかるようになったことはとても大きな気づきでした。
お取引先様は数字を求められる方も多いので、エビデンスは研究所で持っているだけでなくて、きちんと伝えることを心がけています。

担当した商品の発売日、
店頭で見た時は本当に嬉しかった

研究本部に配属後、最初に関わったネイルの色出しの仕事が一番印象に残っています。既存商品の限定色だったので、基本的な処方は特に変更のない仕事でしたが、開発部門とコミュニケーションを取りながら試行錯誤して完成させた初めての商品でした。発売日にお店に見に行って、商品が実際に店舗に並んでいるのを見た時は本当に嬉しかったですね。今でもその気持ちを忘れないようにしています。

Schedule

  • 8:30

    出社

    メールチェック

  • 9:00

    試作品の安定性や物性の確認

  • 10:00

    開発部門や製造部門から送られてきた標準品などの確認

  • 11:00

    開発からの依頼に基づく処方設計、試作

  • 12:00

    ランチ

  • 13:00

    午前の試作の続き

  • 15:00

    個人テーマ実験の試作、検証

  • 17:00

    退社

    ジムで軽く運動してから帰ります。

Tell us more

Q. 就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします

A. 化粧品について詳しく知らないからこそできることもあるので、今知識がなくても気にする必要はありません。発想を形にするのは難しいことですが、一緒に仕事をすることになったら、楽しみながら協力して一緒に頑張っていけたらと思います。

Q. これからやってみたいことは?

A. 趣味でマラソンをやっていたのですが、最近は走らなくなってしまいました。走ることを再開して、30歳までにウルトラマラソンを完走したいというのが目標です。

Q. アフター5の過ごし方は?

A. 週に1度、ジムとキックボクシングに通っています。研究所ではフットサルチームがあって、月に1〜2回フットサル場を借りてプレイしているので、時々参加しています。

TOP