会ったことあるのにはじめまして。

会ったことあるのにはじめまして

マスクを外し、素顔で対面することが特別になった2020年。
新学期に入って出会った同級生。
秋にはじめたバイト仲間。美容師さんと新しい
お客さん。
そんなマスクでしか会ったことなかった人同士が、
マスクをとってはじめて顔を合わせる瞬間を、
記録しました。

きっかけは「マスクをしていると表情が読めない」と言う声。
たしかに本当の感情や、細かなニュアンスは
気づきにくいかもしれません。
だからこそ、この貴重な瞬間の表情を記録したいと
思ったのです。

この状況はしばらく続くかもしれない。
ですが、時折訪れるマスクをとるわずかな瞬間。
その時の喜びを少しでも増やせるよう、
私たちもできることを取り組んでいきたいと
思います。

マスクをしていても、口紅を落ちにくくする。 新発売 キスミー リキッドリップシールド
KissMe

EXHIBITION 写真展

マスクでしか会ったことのない人たちが、はじめてマスクの下の表情を見る瞬間を記録した写真展を開催。

12月7日(月)~12月13(日)
開催場所:表参道ADウォール
(表参道駅B1出口付近)
駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください

*本展覧会は終了いたしました。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
撮影ではフィジカルディスタンスをとり、
接触を避ける配慮をしています。
(11月撮影実施)

バイト仲間なのに、
はじめまして。

10月からはじめたカフェバイト同士。
お互いマスクをして研修を受けたっきり。
「マスクしていても話しやすかったけど
より自然に接することができてよかった」
「かわいい系だと思ったら美人系だった!」
と語る2人でした。

ヘアスタイリングして
もらってたのに、
はじめまして。

美容師さんとお客さん。
マスクを外すとクール→優しい、
大人っぽい→かわいらしいへと
それぞれイメージが変わった2 人。
美容師さんは普段、
マスクがあると表情が伝えにくいので、
見えなくても口角を上げるようにしているそうです。

一緒に陶芸してたのに、
はじめまして。

陶芸教室の先生と、生徒さん。
この状況になってから入ってきた生徒さんは、
目しか知らない状態でした。
「今までは距離を感じていたのかもしれない」
と生徒さん。
「マスクを外すとやっと本人に会えた感じがする!」
と語る先生でした。

教えていたのに、
はじめまして。

塾の先生と小学生の3 人。
目だけだと、子どもたちの反応が分かりにくいと
感じていたそう。
小学生の「マスクを外した時の先生を見て、
美人だなと思いました」と言う感想に、
照れ笑いする先生と、子どもたち。
微笑ましい姿でした。

オンラインでは
会っていたのに、
はじめまして。

ゼミの同級生の2 人。
授業はオンラインなので直接会ったこともなければ、
雑談もはじめてでした。
マスクを外した顔は、いつもの笑顔がもっと見えて、
より楽しそうに感じたそうです。

挨拶していたのに、
はじめまして。

パン屋さんと、最近行きはじめたお客さん。
「マスクを外しただけなのに、
はじめましてな感じがした!」
とお互い驚きの表情を見せていました。
外した瞬間、
地元や家族トークが止まらなくなった2人。
壁も外れたようです。

play movie ムービー

年齢も職業も違う4組が、マスクを外して素顔を見たい人のもとへいく様子をドキュメンタリームービーに。
YOASOBIのボーカルikuraとしても活動する幾田りらさんが企画に賛同。
「会う」をテーマに、新曲「ヒカリ」をつくっていただきました。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
撮影ではフィジカルディスタンスをとり、
接触を避ける配慮をしています。
(11月撮影実施)

SINGER SONGWRITER

Profile

幾田 りら

2000年9月25日生まれ、東京都出身。シンガーソングライター・幾田りらとして活動するかたわら、デビュー曲「夜に駆ける」がストリーミング2億回再生を突破したYOASOBIのボーカルikuraとしても活動し、アコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”にも参加している。2019年11月16日(土)にはセカンドミニアルバム『Jukebox』を発売。一度聴いたら耳を離れないその歌声が注目を集めている。

PHOTOGRAPHER

Profile

高橋 マナミ

東京都出身
上智大学文学部哲学科、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。
ホンマタカシ氏に師事し、2011年よりフリーランス。

受賞
2011年 第34回キヤノン写真新世紀 佳作
2015年 第22回茨城新聞広告賞 最優秀広告賞
2018年 交通広告グランプリ2018 グランプリ

DIRECTOR

Profile

宮本 正樹

2011年米Emerson College卒。
2014年DRAWING AND MANUALに参加。
ドキュメンタリー表現を得意とし、広告のみならず番組・MV制作など多く手がける。
主な仕事に、NHK Foorin楽団 ドキュメントシリーズやEテレ「JAPANGLE 」などのTV番組、
ソニーやシグマのインタビュー映像のほかサンボマスター、藤巻亮太、Nabowaなどのミュージックビデオの監督も務める。

CAST キャストプロフィール

  • SINGER SONGWRITER

    幾田 りら

    MORE

  • PHOTOGRAPHER

    高橋 マナミ

    MORE

  • DIRECTOR

    宮本 正樹

    MORE

CAMPAIGN プレゼントキャンペーン

マスクをしていても、いつもの口紅を落ちにくくする
「キスミー リキッドリップシールド」の発売を記念して、
お好きなリップ(1本)と
キスミー リキッドリップシールドを
セットで100名様にプレゼント!

*キャンペーンは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

RESEARCH コミュニケーションとリップに関する調査データ

新型コロナウイルス感染症の影響は、私たちを取り巻くライフスタイルにも及んでいます。
こうした状況をうけ、KISSME はコミュニケーションやリップに関する意識調査を実施しました。

  • マスクによってコミュニケーションが
    取りづらい傾向に!

    マスクで口元が隠れていることで起きた
    困ったことは?

    • 相手の表情が読みにくくなった
    • 自分の口数が減ってしまった
    • 相手の声を聞き返す頻度が増えた
  • マスクの下でもリップ(口紅・グロスなど)を
    する人は約80%という驚きの結果に!

    マスクを付けて外出する際に
    リップ(口紅・グロスなど)をつけますか?

  • マスクを外した時
    リップ(口紅・グロスなど)メイクを意識している!

    マスク着用時にリップ(口紅・グロスなど)を
    つける理由は?

    • 食事などでマスクを外した時に
      気になるから
    • 顔全体に血色感が出ないから
    • いつも通りメイクをしたいから
  • マスクへの付着を
    気にしている人が大多数!

    マスク着用時にリップ(口紅・グロスなど)を
    つけない理由は?

    • リップがマスクに付着するのが
      嫌だから
    • マスクをしていて見えないから
    • 普段からリップは付けないから

調査対象:全国の20代~50代女性 601人 集計方法:インターネット調査 調査期間:2020年11月9日~11月11日
※調査結果の数値は小数点以下を適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。