伊勢半グループについて

伊勢半グループ代表

伊勢半グループの祖業は、文政8年(1825年)、江戸日本橋小舟町に創業した紅屋です。以来190年、伝統の紅作りの技を守るとともに、メイクアップやスキンケア製品を手掛ける化粧品メーカーとして、成長・変革を遂げてまいりました。これもひとえにお客様からの信頼とご支援の賜と心より感謝申しあげます。

伊勢半グループ各社が製造・販売する製品の流通形態やカテゴリーは異なりますが、創業者・澤田半右衛門の「品質向上に向けて創意工夫を重ねる精神」は、今日も伊勢半グループの遺伝子として社員ひとりひとりに受け継がれています。

伊勢半グループは、これからも日本の化粧文化を守り伝えるとともに、「あしたは、もっと美しく」の理念のもと、お客様にご満足いただける商品やきめこまかなサービスを提供できますよう、常にお客様視点に立ち取り組んでまいります。

代表取締役会長

澤田一郎

  • 代表ご挨拶
  • グループ理念